ワテのブログ

The fundamental things apply As time goes by.

2014年8月28日木曜日

[OSX] clamavの使い方

スポンサーリンク

オープンソースのantivirusソフトであるClamAVをOSXで使用する方法。

インストール

私はパッケージ管理にThe MacPorts Project を利用しています。

$ sudo port install clamav

clamavを使用するにはまず定義ファイルを更新する必要があります。

$ sudo freshclam

で更新できるのですが、

ERROR: Can't open/parse the config file /opt/local/etc/freshclam.conf

というエラーが表示されます。
これは/opt/local/etc/freshclam.confが存在しないためです。
/opt/local/etc/にfreshclam.conf.sampleがありますので

$ sudo cp /opt/local/etc/freshclam.conf.sample /opt/local/etc/freshclam.conf

でsampleをコピーし

# Comment or remove the line below.
Example

# Comment or remove the line below.
# Example

とします。

その後、freshclamを実行すると、

ERROR: Can't change dir to /opt/local/share/clamav

というエラーが表示されます。
これは

/opt/local/share/clamav

が存在しないためです。
ディレクトを作成します。

$ sudo mkdir /opt/local/share/clamav

いざ更新です。

$ sudo freshclam

こんどは

ERROR: Can't create temporary directory /opt/local/share/clamav/clamav-5532dd27edeabedf4f6a1c03484e175b.tmp
Hint: The database directory must be writable for UID 82 or GID 82

というエラーが表示されます。
どうやらディレクトにclamavのアクセス権限が必要なようです。
そこで

$ sudo chown clamav /opt/local/share/clamav

で権限をかえてやります。
これでやっと実行できます。

$ sudo freshclam

その後

$ clamscan -r <検査したいディレクトリ>

で検査することができます。

まとめ

$ sudo port install clamav
$ sudo sed -e 's/Example/#Example/' /opt/local/etc/freshclam.conf.sample > /opt/local/etc/freshclam.conf
$ sudo mkdir /opt/local/share/clamav
$ sudo chown clamav /opt/local/share/clamav
$ sudo freshclam
$ clamscan -r /
スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿