ワテのブログ

The fundamental things apply As time goes by.

2014年6月5日木曜日

WebDriverJs + chromedriverでChromeの拡張機能を使用する方法

スポンサーリンク

方法

  1. chrome.Optionsに拡張機能のcrxファイルへのパスを指定します。
  2. crxはChromeの拡張機能のフォルダから作成することができます
  3. OSXの場合Chromeの拡張機能は~/Library/Application Support/Google/Chrome/Default/Extensionsでフォルダ単位で管理されています。
  4. Chromeのメニューからツール->拡張機能を選択
  5. 拡張機能タブの”拡張機能のパッケージ化…”ボタンをクリック
  6. 拡張機能のルートディレクトリの参照ボタンをクリック
  7. crx化したい拡張機能のフォルダを~/Library/Application Support/Google/Chrome/Default/Extensionsから選択
  8. その中にバージョンごとのフォルダがあるのでパッケージ化したいバージョンのフォルダを選択
  9. 拡張機能のパッケージ化ボタンをクリック
  10. .crxと.pemが作成される
  11. .crxを好みのフォルダに移動

以下コード例

var wb = require('selenium-webdriver');
var chrome = require('selenium-webdriver/chrome');

var options = new chrome.Options().addExtensions("/path_to_crx/hogehoge.crx");

var driver = new wb.Builder().withCapabilities(wb.Capabilities.chrome()).setChromeOptions(options).build();
スポンサーリンク