ワテのブログ

The fundamental things apply As time goes by.

2014年5月24日土曜日

ビアレッティ ブリッカでいれるコーヒーは美味しい

enter image description here

いわゆるマキネッタといわれる直火式エスプレッソ器具。ビアレッティ ブリッカ(Brikka)の4cupモデルを日本のアマゾンで購入しました。
うわさによるとイタリアのアマゾンで購入したほうが安いらしいですが、値下げされていたので日本のアマゾンで購入しました。

(楽天でも販売されています。)

さすがイタリア、緩衝材なしでブリッカがそのまま箱のなかに入っているだけの大胆な梱包。搬送中にゆれてとってが箱に当たって箱に穴が。でも、ブリッカ自体にはなんら問題なし。頑丈にできています。アルミの鋳造なのか肉厚でフォルムが美しい。さすがイタリア。デザインの国。日本語の説明書が入っていました。

構造は単純で上下の二層構造。下に水を入れ網のついた漏斗的な器具にコーヒー粉をつめてセット。上と下はネジ式になっていて合体します。そのままガスコンロに置いて加熱してやれば下の水が沸騰してその蒸気で圧力が高まりお湯が上部に向かって送り込まれコーヒー粉からコーヒー成分を抽出して上にたまる仕組みです。至って単純。ちなみにブリッカは「モカエキスプレス」の改良版。より高い圧力で抽出できるのでより本格的なエスプレッソに近いコーヒー(クレマができる)ができます。

さて買ったからには試してみねば。コーヒー粉、これはイリーのエスプレッソ粉を購入。初回、無事プッシューという音ともに抽出できたがクレマは一瞬で消えました。初回なので金属臭がして飲まずに捨てました。数回抽出するとコーヒーの油分の膜が金属表面にでき金属臭がなくなります。三回目の抽出で初試飲。クレマは消えましたが香り高く凝縮された味わい深いコーヒーができました。クレマをつくるにはこつが必要のようです。クレマはなくても味は濃く美味しいです。ネスプレッソより美味しいかも。(参照 ブリッカでクレマをつくるコツ)

加熱を始めて5分ぐらいで抽出されます。準備を含めるとおおよそ10分はコーヒーを飲むまでかかります(慣れれば5分で飲めます)。この作業を楽しめるかどうか心のゆとりが試されます。

ちなみに器具は抽出後かなり熱くなります。コーヒー粉を捨てるために冷めるまでまたなければなりません。なので、連続で何杯も抽出するのは難しいです。大きめの(4cup)がおすすめです。大体ですが抽出される量は120mlぐらいです。

enter image description here

まとめ。仕組みは単純。そして美味しいコーヒーが飲めます。抽出作業が理科の実験みたいで楽しい。フォームドミルクを入れてカプチーノとか作るともっと楽しめそう。
おすすめです!!

関連投稿

追加

ブリッカ抽出の様子の動画を作成しました。抽出は2:49あたりです。
早回しバージョン
クリーマーゼットでミルクを泡立てる
ブリッカでカプチーノ