ワテのブログ

The fundamental things apply As time goes by.

2014年1月17日金曜日

wxWidgets 3.0.0用のVagrantfileを作成した

スポンサーリンク

wxWidgets-3.0.0を使ったGUIアプリ開発用のVagrantfileを作成したのでメモ。
Ubuntu 12.0.4にubuntu-desktopを導入後、g++とgtk2.0をインストール、その後wxWidgets-3.0.0をインストールする。
v.gui = true
でGUIが起動する用にしている。(Virtual BoxのGUI)
GUIが不要であればこの値をfalseにすればよい。

wxWidgetsはスタティックリンクでUnicodeとwxGraphicsContextをオンにしている。

# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

# Vagrantfile API/syntax version. Don't touch unless you know what you're doing!
VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
  config.vm.box = "precise64"
  config.vm.box_url = "http://files.vagrantup.com/precise64.box"
  config.vm.synced_folder "../", "/develop", \
        create: true, owner: 'vagrant', group: 'vagrant', \
        mount_options: ['dmode=777,fmode=666']

  config.vm.provider :virtualbox do |v|
    v.gui = true
  end

  config.vm.provision :shell, :inline => <<-EOT
    apt-get update -y
    apt-get install -y ubuntu-desktop
    apt-get install -y g++
    apt-get install -y libgtk2.0-dev
  EOT

  config.vm.provision :reload

  config.vm.provision :shell, :inline => <<-EOT
    rm -rf wxWidgets-3.0.0*
    wget ftp://ftp.wxwidgets.org/pub/3.0.0/wxWidgets-3.0.0.tar.bz2
    tar xvfj wxWidgets-3.0.0.tar.bz2
    cd wxWidgets-3.0.0
    mkdir -p ubuntu
    cd ubuntu
    ../configure --disable-debug --disable-shared --enable-unicode --enable-graphics_ctx
    make
    make install
  EOT

end
スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿