ワテのブログ

The fundamental things apply As time goes by.

2014年1月18日土曜日

IRKitを使ってみた

スポンサーリンク

2014/01/18 IRKitが届きました。
IRKitは赤外線で家電を自由に操作できるアプリを作成するためのキットです。
IRKit

エアコンを切り忘れてでかけてもiPhoneから切るといったことができる夢のデバイスです。
ほんと、なんど家にもどってエアコンを確認したことか。
これがあれば家にもどらなくてもいい。心配しなくてもいい。
iPhoneでピッってやればエアコンが切れるのです。
素晴しいです。

とりあえず写真です。

パッケージの写真
enter image description here

本体
enter image description here

大きさ比較(綾鷹は280mlのやつ)
enter image description here

まずは設定。マイクロUSBをIRKitにさして電源On。
iPhoneにはIRKitシンプルリモコンをインストール。
それで設定っていたいどうやってやるんだろうこのシンプルな筐体でとおもっていたらそういうことですか。
モールス信号ってそういうことですか。
その発想はなかったわ。
おもわず綾鷹吹いたwww。

リモコンアプリはとてもシンプルです。
使いかたも簡単。
ボタンの追加をえらんでIRKitにむけてリモコンの登録したいボタンを押せば登録完了。
登録したボタンをタップするとIRKitからその信号が送信されるという仕組み。

さっそくエアコンでためしてみた。

エアコンのオン、オフをアプリに登録したの図
enter image description here

ちなみにエアコンのリモコンには「運転/停止」というボタンが一つあるだけです。
信号一つでトグルになっているのかとおもいきや信号は別になっていました。
エアコンのリモコン上でエアコンが切れていることになっている時に発信される信号が電源Onの信号で、エアコンが動作していることになっている時に発信される信号が電源Offの信号です。

そしてiPhoneでOnをタップすると。
エアコンからピッ!という音がして起動した。
あたりまえのことですが、すごい!。
次にOffをタップするとエアコンが切れます。すごい!
さらにエアコンをつけっぱにして外出。
iPhoneでOffをタップして帰宅。
エアコンが切れていた!
これはすごい。
エアコンでこんなんに感動できるとは思わなかった。

まとめ

  • 本体は小さくてデザインも良い
  • 設定時のモールス信号がおもしろい
  • アプリもシンプルで良い
  • 青色LEDが眩しい(設置場所によると思いますがもう少し小さなLEDで良いかなぁと)
  • エアコン操作だけでも感動できる

関連項目

スポンサーリンク