ワテのブログ

The fundamental things apply As time goes by.

2013年7月16日火曜日

IFTTTを使ってみた

スポンサーリンク

IFTTTのiPhoneアプリがリリースされたので使用してみた。

IFTTTとは

  • IFTTT(https://ifttt.com/)とは複数のWebサービス(チャンネル)を連携させるメタサービスである。
  • IFTTTはIf This Then Thatの略である
  • 日本語にすると、「もしこれがあれしたらそれをせよ」となる。

トリガーとアクション

  • トリガー(This)とアクション(That)を登録する。
  • トリガーが発生するとアクションが実行される。
  • トリガーには普通のトリガーとクイックトリガーがある。
  • クイックトリガーはトリガー発生してすぐアクションが実行される。普通のトリガーは15分間隔で確認される。

具体例

  • iOSのリマインダに登録したタスクが完了したときにメールを送信する
  • iPhoneのカメラで写真を撮った写真をDropboxに保存する
  • etc...

使ってみた

  • IFTTTアプリでリマインダが完了されたら自分にメール(If reminder completed, then send me an email at...)をするレシピを作成する
  • IFTTTアプリをバックグラウンドで実行するように設定
  • iOSのリマインダに位置情報リマインダを登録する
  • 指定位置にてリマインダの通知が発生
  • 通知だけではトリガーとならず
  • 手動でリマインダを完了
  • 5分後ぐらいにIFTTTからActionのメールが到着
  • 個人的にはリマインダの通知の時点でアクションが発生して欲しい(調べた限り通知の時点のトリガーは無いようである)

感想

  • 色々なサービスを組み合わせられるのは面白いがトリガーがちと少ない気がする
  • トリガーやアクションを時前で定義できるようになるともっと楽しくなりそう
スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿